かぞく

    久しぶりに

    08/07/2020

    優しいきもちがもどったよる。

    どれくらい、自分が色んな愛を感じられてたかを思いだして、この一ヶ月以上ほんとうに荒んだ気持ちで必死で自分を立て直そうとしてたかがわかってよかった。

    もう何も信じないと思ったし、誰のことも、どんな愛も、全部裏ぎりで、信じられるものなんて何も無いって本当にそう感じて、その中でなんとか独りでもう一度どうしたら生きていけるのか、見当もつかなかった。

    幸せなきもちも、何気ない日々も、全部いきなり奪われて、あの夜はなんだったんだろうって

    あの日に涙を流して、心の底から幸せと愛と感謝を感じた時間も、なんだったんだろうって

    そう思ったけど

    今日、また自分は優しくいていいんだって

    可愛くいていいんだって

    誰もいなくても、タオくんに最低な言葉を浴びせて罵ったり、怒り狂って殴ったり、虐めることでたおくんが全部わたしの痛みの犠牲になって、一度もそんなわたしを責めることなく、そこにいてくれたこと

    許したり 癒したり 受け入れたりなんて

    もうなにもできないけど

    ただそばにいるタオくんのことを

    これ以上傷つけなくてもすむように

    幸せでいていいって

    どんな悲しいことがあっても

    どんなにつらいことがあっても

    誰かを恨んだり、こんなにも自分やそばにいる大事なひとを痛めつけて傷つけたり

    もう二度と

    しなくていい

    わたしを助けてくれるひとは、いる。

    わたしを助けてくれるひとは、いるんだ。

    明日から、また前をむいて、生きてこう。

    タオくんごめんね。

    許してね。

    ノアくんがかわいくて、癒される。

    ふるさんきっと不安だろうけど、愛があるから大丈夫。

    みんな、そういうものなんだ、きっと。

    悲しいけど、それはほんとうのことで、受け入れるしかない。

     

  • おもいで

    夏の匂い

    一気に、夏の匂い。 懐かしくて、よく知っている、どこかでいつも嗅いだその切なさ。 いつもは、梅雨があけ、夏が始まった瞬間にそれはもう終わりを告げている哀しさがあった。 その哀しさを味わっているうちに気づいたら秋を迎える、通例の夏ではなく 今年はそこに光を当てようと思う。 なにかこう、夏らしい、情熱的な弾ける経験をしたいとか、そういうことではなくて、 夏には夏の、その哀しさには哀しさのとても大切な意 […]…

    08/01/2020
  • Uncategorized

    ドックの歌とメダル

    ママ勇敢だったから、明日メダルをあげるねと 癒しを手伝ってくれた後 歌を歌ってくれたタオくん 長い間苦しんできた痛み その正体を感じたときに、一緒くたになっていた愛 なんて切ない誤解と悲しみなんだろう タオくんはとっても的確に いつもわたしがみんなにやっている仕事と同じように 癒しをリードしてくれた 嬉しかった ひとりでコツコツ癒してきた分 こんなふうに誰かが一緒にいてくれるって こんなにも嬉しい […]…

    07/19/2020
  • かぞく

    大きな木を抜いても

    ママ 大きな木を抜いても、おばあちゃんはママのこと嫌いにならなかったでしょ? そう言ってくれてタオくん 朝の苦しみと、考えない人への激しい怒りに気づいて気を失った後の、1日だった 帰ってきた時、タオくんは落ち込んでたけど、夕方から一緒に過ごしてとてもよかった。 優しいじかんが戻ってくるといい。 どんなときも仕事やクライアントさんが支えてくれて本当によかった。 タオくん ありがとう…

    07/17/2020
  • ひとりごと

    すみれぐみにはかてないとおもうよ

    仕事で叶えようとしてることに、「難しい」と言う人に、 いつも可能性を最初からつぶさないでと話したけど、そんなに急に変わるわけじゃない。 でも多分仕事のことじゃなくて、本当に大切な関係をつくっていく上で、同じ態度をとられることがすごくいやだったんだと思う。 無言で、それをやる。別に何も求めていないときや、ただ素直に感謝したり幸せでいるときに、それを奪う必要がない場所で、奪われるから。   […]…

    07/10/2020