しぜん せかい 経験

クライストチャーチのほんとのテロ

NZという国は、全体的な波動が高いとおもう。

それは自然がまだ多く残っているとかもあるけど、新しい土地であることや、

多分だけどもともとの移民からの歴史なんかも含めてクリーンだ。

それはひとと交わる中でも感じるし、よって住みやすいのは事実だとおもうし、いわゆる次元が高めのひとびとで構成されている以上、愛や平和や穏やかな感覚のなかで生きてる人間が多いから、

結果的に平和な場所になる。

 

 

わたしがその場所を、子供を産んで育てようと当初思った理由は

色々あれども、安全だから。というような意味合いではなく

単に波動が高いから。ということはあったとおもう。

 

数日遅れで、母親伝いと、鍼灸院のテレビからクライストチャーチでテロがあったことを知った。

クライストチャーチというのは、首都のオークランドよりもさらに波動が高い場所だと思う。

 

オークランドは、いわゆる都会だけど、ニューヨークに長く住んだ身としては
実に田舎くさい、中途半端な都会で、観光地と化した街中は、あまり風通しが良いとは言えない。

なんにせよダサい。ダサいと言うか田舎臭い。

 

すくなくとも港に面していることや、それでもうんと気持ちのいい場所であることにはまちがいないにせよ、それはクライストチャーチには敵わない。

チャーチには、地震があったり、何度か破壊と再生が営まれているせいなのか、全体的な雰囲気やこざっぱりした愛の高さがある。

決して大きな都会とは呼べないけれども、必要なものはあり、わたしはその場所を、最も愛する息子が初めて目にする景色に選んだ。

 

ニュースで、ニュージーランドと言う国は世界でも有数の安全な国とされていて、留学生も多く、残念でしたね

みたいな腑抜けたことを言っているのを聞いて、

なんていうか、なんてひとは、自分中心でしか物事を見られないのだろう、とつくづく思った。

 

そりゃあまあ、日本からの留学生の立場から身の安全を守るために

それは大切な視点なのかもしれないけれども

ほうぼうを渡りあるいた後に、最後じぶんが流れつこうとしたその場所には、もちろん人間が住んでいて、どれだけ安全な場所であろうと、どれだけ豊かな自然があろうと、わたしたち人が住んでいる限りエゴでできている。

それはとても、自然なことであり、大小なりとも争いがあり、それを経験しながら洗練されていく全人類にとって

喜ばしくない事件や、善良なひとがただ犠牲になることや、おおきな自然の災害でたくさんのものが失われることもある。

個人的に、そこで過ごした日々がある限り、わたしにも大切な人々がそこには住んでおり、息子を産んだときにお世話になった助産師のジョーは、自分の街でテロを経験して

どんな気持ちがしただろう?

そう思った朝だった。

 

世界には、いろんな場所があり

真っ暗な闇のような汚れた危険な場所もあれば

誰も傷つかない光に満ちた、優しく守られた場所もある。

 

そのどこかでただ、わたしたちは生きている。

 

どこを選び、そしてどんな風にものごとと向き合っていくか。

それだけだよ。

 

 

 

 

 

 

台所

謎の勾玉 白 テロとしか言いようがない味

大好きなMさんからテロ的に送られてきた縁結びのチョコ、食べたらますますテロ感が増した。チョコだと思ったら、チョコじゃねえし!なんだこれ、餅か?と思って食べたら、餡子だし、餡子かと思ったら、中にチョコが入ってますと書いてあって、何十層にも折り重なるテロ感。

とても美味しいとは言い難いが、不味いとも言い難い、テロの味。

やばいぞ….毎回意図が分からん投棄(プレゼントなど)があるが、ダサいとも言いがたい絶妙なセンスに対してコメントしづらかったが、前記事でわたしが書いた通り、わざとやっている可能性まで出てきた。

ちなみに彼はわたしと同じく外見は変て非常にわかりづらいが、話すと凄い変で、でもそれもパッと分かる感じの変じゃなく、突っ込みづらい感じで、3年くらい経った頃に

この人ジェントルマンだけど、変なジェントルマンだわってことに気づいた。

おしゃれだけど、変。

嗚呼….

なんか紐解けてきた色々。

謎の勾玉

今白のゆず味っていうやつ

家族の縁結びだったわ。今年の目標 家族。ちなみにMさんの奥さんとわたしは前世で仲良しだったらしい。

次のテロに期待。

すきなもの

ダサいの攻防

色々洋服のこととか研究してるんだけど、今日やっとわかったことがあって、わたしめちゃダサいのが好きだってことが今更わかった。

センスがなくて残念とはちょっと違って、垢抜けたオシャレな感じに仕立てようと思えば多分できる。

が、しかし、

ザ、しかし、

デザイナーの友人が作った洋服にはときめく。

着てもほんとにときめくが、綺麗にしてる自分には、やはり何故だか常に人ごとというか、もはやつまらんと思ってる。

で、今日、人から綺麗とか思われずに一切人の評価をガン無視して洋服を選ぶとしたら、わしは何を選ぶのか?

そして真っ先にときめきを求めて向かったは子供服売り場であった。160センチ。

で、その次にこれ。

ウオー!ダサい!中途半端な感じがたまらん。ねえ、なんでその色なの?なんでそのチェック選んだの?なんでなんで?

凄い個性的でもなければ、取り立ててダサいわけでもないその中途半端な野暮ったさ、絶妙!?!?

て感じがたまらん。

ときめく。

というわけで、しばらく研究しよう。もしかしたら、人から綺麗と思われる出で立ちよりも、突き抜けてダサい服を着続ける方がめちゃくちゃ楽しくて輝けるのかもしれん。

なんか絶妙なダサポイントってのがある。

↓これは、つまらんやつ(言っとくがFuruta の服やfyntageのジュエリーはめちゃ好き 問題はわたしとのコラボのこと)

これが

ときめくやつ↓ダサければダサい方がいいのではなく、人が突っ込みしづらいくらい絶妙な(ねえ、それは本気のオシャレなの?ジョークなの?ワザとなの?)てくらいを攻めるのがたまらんらしい。