Monthly Archives

8月 2007

外国での暮らし

満月の夜

満月の夜はもしかすると 空から全員に素敵な夜を届けるのかもしれない   深夜2時 家に帰ると大好きな彼が言った 「綺麗な夜だったよほんとうに」 私も負けじと 「私も。今夜はとっても素敵だったよ。」     最近知り合った彼女に誘われて行った先は まだひっそりとと佇むだけのうんとうんと素敵な場所 民家の間をぬけた奥には別世界が広がって オープンしたての未完成なビストロは […]…

しぜん 経験

季節という区切り

一年に4回 区切りがあるとするならば この間の冬の中で冬の一部になったわたしは そのまま 春にさらわれて 夏にまでさらわれて そして思い出したかのようにまもなく秋の中へ   丁寧に生きることが 最も近道だと気付いた数ヶ月前から そんなことは一切見失ってただひたすら ずるずる1.5倍速に引きずられて 一年に4つもあるはずの区切りを 2つも見逃してしまって なんてことだろうと思う なんてこと […]…

外国での暮らし

続く夜道の先

気づいたら ここは中国だった   歩いても歩いても どこまで歩いても ここは中国だった。 数時間とおくのほうへ進んだらもしかして ぱっと日本だったりするのかしらと 思いながら ずんずん進んで どんどん遠くへ   いつまでたっても 中国だった。   見慣れた道と風景は もう外国にいるなんて新鮮さはなく 右も左もただの日常で 同じ顔の中 私の顔も同じアジアで だれひとり私 […]…

せかい

カテゴリー

わたしのいいところはカテゴリーというやつがないことだ。   どっかの国の王様と さっき肩に触れた風が おなじ軸の上にある。   だからたぶん 誰とでも仲良くなれるんだけど たぶんわたしは他の人よりも 「自然」みたいなそれと仲がいい。 いのちある物が大好きだなあとおもう。 窓から眺める風景の 隙間の流れ行く雲と最近は バイオリズムについて話し合ったり 苦しみ泣く痛みがちゃんと伝わ […]…

経験

ドライブ

陸の真ん中から ひたすらまっすぐな道を海のほうに向かう 晴れたその空に道案内してもらうように ずっとずっとまっすぐに   流れるコマをうしろにうしろに繰り返し見送って 大きな川を何本も渡って 橋の両側に並ぶ電灯に気をとられて 汗ばむくらいに天気がよければ 窓をあけて 進むネイビーの塊 ちいさな世界を 小気味いいスピードでひたすらぬけてゆく塊 目的地は海のほう 海なんてみえなくたって とに […]…

すきなもの 経験

音楽を奏でるように暮らす

音楽が好きだった。 ずっと。     音楽が好きで好きで 小学生の時は テストで90点以上とったらCDのごほうび 中学生の時は 仲間はずれにされたくなくてジャニーズ雑誌を買っているふりして 家ではラジオ漬 高校生の時は洋服や化粧品それなりにそれなりに バイト代のほとんどはCDやライブに費やし デートで行ったショッピングで数時間タワレコ滞在 彼氏を怒らせてなお帰る気もないそして喧 […]…