Monthly Archives

2月 2013

外国での暮らし 経験

止まった時間について「誕生日・コウボ」

  30才を迎えるその日を、どんなふうに過ごそうかと、考えていた。 みんなきっと、考えることだ。   20代最後の今日は、春の雨が降り続ける寒々しい湿気の中 朝7時半からいつも通り学校に行き、   身辺整理をして、そして夕方雨がやみそうな頃 誰もいないアパートに戻り、   夜ごはんの準備をした。       昼に食べようと思って […]…

しぜん 台所

Water

2010年頃書いた 「少しの野菜とくだものと、そしてハグとキスがあれば、 それでいい、私の人生。」   わたしが目を閉じて、望む生き方。   最近は、目を閉じて、 目を開いて、そしてまた、目を閉じて、開いて、 それをくりかえして、 眠って、夢をみて、目をさまして、夢を見て、 そしてまた眠り、ということを、繰り返す。   大人になると、一日は長いが、一年はあっという間に […]…

しぜん 外国での暮らし

如月

如月にはいって、陰暦で新年もあけて、 今日は粥の日で、昼間に胸がドキっとするような強い日差し。 そんな気持ちが華やぐような春の太陽とは裏腹に、 気温は摂氏、マイナス5度。   授業が終わって、まだまだダウンコートのなか背中を丸く 血管縮めて歩きながら そんな陽の光に、目を細める。 背中の向こうに続く古い泥んこ道はもう遠くの方に霞んでいくのに そうして前に繋がっている新しい通りもまだ舗装さ […]…

外国での暮らし 経験

はじめてのBaby shower

  アメリカでは出産する前にお祝いでパーティーするのが普通 さらに通常は女子だけで、妊婦の友人が本人にサプライズで準備というのが伝統 元々パーティーとか苦手でほとんど参加しない上に、耳慣れぬイベントで 最初は自分に無関係だと思っておりましたが このたびなんと自分が主催する側となってパーティーを開くことに 英語で招待状を作ったり、ゲストとのやりとりや当日のプレゼントの準備まで 初めてだらけ […]…