Monthly Archives

11月 2018

拭って猫パンチ

いつか 永遠を探してたあのころ そのひとがふいに、それを誓ったことがきっかけだった   それからわたしはいろんなひとに、 「永遠」てほんとうにあるの?ときいたし それを延々、さがしつづけたわけだけど     それは最後、どこにもないことが わかって そして同時に、それはずっと失われることなくあることが わかって   わたしはそれからも、きっとずっと その人の […]…

ひとりごと

ブログを

辞める日 いつにしようかな きっといい日だろうな〜 10年以上つづけたものを辞める日が わたしがものかきと名乗る日かもしれないなァ…

ひとりごと

エッセイストやな。

書くことや、愛することが そのうち もっともっとさりげなく、 食べることみたいに 自然にできるようになるといいな。 わたしにいつか、 書くことを教えてくれたひとに、なにもかも手放して、わたしは「ものかき」と呼ばれたいんだァ と言った ものかきなら、こうせいや。 こうあるのが、かっこええんちゃう? 発信の世界で一流のしごとをしてきたひとに、 「おもうんやけどな。」 と前置きのあとに ズバリ指摘される […]…

ひとりごと

くるしみののびしろのこと

一度死ぬとたいていそのあとの光というのはからだに沁みわたる。 仏教はいつもそうやって、 「幸せ」はあってもみえなくて 「苦しみ」マイナス100がただ0になったのを100の幸せだと錯覚するだけだ というけど、 そののびしろを求めて苦しむなら、意味はないかもしんないけど、 それをもうすこしロマンチックにしてもいいきはする。 どちらにせよ、くるしい、はヨクブカイと。…

ひとりごと

It is going on and on

それは、きっと、ずっと、つづく。 飽くことなく、愛とトキメキといい匂いを振りまいて、わらい合う。…

ひとりごと

命を感じるほうほうのこと

一番死に近い場所で 生きていたいと感じたとき それが、もっとも命を直に感じられる場所だとそうおもったから でももし、命を感じる方法に愛を混ぜてみたら 世界中の美しい空を見上げて、感動することとか 命を直に感じる方法に、優しさを混ぜてみたら 好きなひとに、ご飯を作ることとか 心を混ぜてみたら、 何も、しないこと。 それが、一番命を直に感じられる、わたしの方法だった いまは、命を感じたいとおもうこと […]…