ひとりごと

人生が始まったとき

わたしの人生がはじまったのは、ひとより少し遅かったとおもう。

それは33才のときにはじまったから、だからわたしは急いでいるんだとおもう。

人生できっと、勝負しなくてはいけなかったそのときに、わたしは逃げた。

逃げて、逃げて、逃げて、ああ、あのとき勝負しなくてはいけなかったのか。

と20年くらいかけてわかったんだよ。

だから、残りの人生なんてほとんど少ない感じがするんだとおもう。

Sちゃんにせっつかれて、まいちゃん、時間がないよ。急いで急いでと言われてきたのは、意味がわからなかったし、それにとらわれて恨んだけど、そうじゃないとおもう。

残された時間で、やるべきことが多分あるのだ。

だから急いでる。

焦らないけど、急ぐよ。

 

 

 

You Might Also Like

No Comments

    Leave a Reply