優しい、龍司の夢を見た。

彼女を連れていて、わたしが何事もなかったかのように笑ったら、ホッとしたような、全てが許されている夢。

やさしくて、穏やかで、わたしはただ彼が好きで、なんでそういう時間をこれまで過ごせなかったんだろうと思うくらいに

当たり前にそばにある、優しさだった

いろんなことが過去にながれゆくなかで、わたしは彼に、未来をみてたんだ。

それは、なんていうか、ステキなことだ。

You Might Also Like

No Comments

    Leave a Reply