Browsing Category

台所

台所

16-b シアトルのチョコレート

そういえば、山下がシアトルに出張にいってきたときに買ってきたらしい、洗ってある(はずの)ポロシャツと合わせて、もうひとつシアトル風を吹かせたがったもののひとつに、チョコレートがある。 3年ぶりに現れた日に、「ああ、おみやげのチョコレートを持ってこようと思ったのに、忘れた」と悔しそうな顔を見せた山下は、翌日さっそくそれを持ってきた。 アメリカでよく見慣れた感じの、センスのいいおしゃれなパッケージの板 […]…

台所

9 イケアの給食センター

休日に行くべきではない人混みのナンバー3くらいに入るのが、名古屋のイケアだと思う。 そこは、いつ行っても家族づれでごった返しており、予想通りの駐車場はほとんど満車から始まり、おしゃれをした若いカップルやらが延々途切れずにうごめいていた。 これまで必要なものを買い出しに日本のイケアを訪れたことはなんどもあるが、長らくアメリカに住んでいたわたしは、イケアが日本ではおしゃれスポットになることがどうも解せ […]…

いのち 台所 外国での暮らし

6-a 種火

種火という言葉がある。 その意味を知っているひとはおおいと思うけれど、種火という言葉ではなくて、ほんものの種火を見たことがある人はすくないとおもう。 日本の一般の家庭用の台所で、実際の「種火」というものをわたしはみたことがない。 種火がなんのためにあって、どんな様子をしていて、それと人がどんな風に関わり合って生きているか? わたしがそれを肌で感じて過ごしたのは、20台半ばの頃に渡った、アメリカのバ […]…

ひとりごと 台所

外食

最近は、毎日外に出て公園でお茶をしたり、公園で昼ごはんをたべている。弁当を買ったり、コンビニで買ったりいろいろだけど、平日の昼間の餓鬼どもが誰もいない公園に行くのは、とてもここちいい。 さわやかな風はもう強い日差しに負けて、暑い今日。 わたしはいったい、何がしたいんだろう?ローソンで買った200円くらいのチーズケーキ、想像より美味しかった。いいなァ。 雑然とした俗世にての修行はつづく。 人生は、暇 […]…

台所

おはぎ

おはぎを晩御飯の前にたべて、総合的に食べすぎて気持ち悪い。 今から寝る。 注意だな。…

台所

聖地の匂い

わたしにとって台所は聖地だった。 欧米の、乾いた気候の中で木やスパイスやハーブの匂いがする独特のその小さな空間は、決して同じ食材を置いてもアジアの気候の中では同じ匂いがしない。 それはひどく懐かしい香りで、ただ自分がそこに居るべきなのだということをいつも教えてくれた。 肉や魚の匂いがしない、葉や土や、香る草花の乾いた場所は、ベジタリアンのキッチンには共通したエネルギーがあって、これまで訪れたどんな […]…