Browsing Category

経験

いちばんうれしかったことば

だいすきだったJくんから、たくさんたくさん嬉しいことばをもらったけど、 それがおわるまでの間でいちばん、そのなかで嬉しかったのは どれかな? と考えて、それは、「やさしい」だった。   彼の世界が、ほんのいっときでも、わたしがやさしかったことで それを感じて優しい時間を過ごしたとしたら それ以上嬉しいことはないな、と思った。   誰かの世界に、安心があってほしい。 信じられるな […]…

笑う

あなたが、大好き 声を上げて笑う、あなたが好き あなたの代わりに、 楽をする あなたの代わりに、 笑う どんな瞬間も めちゃくちゃに汚くて醜くて 最低な姿さえ 大大大好き あなたの代わりに、 泣くわ 大好きなあなたの 追い風になる 仰け反って ふたり 笑う    …

台所

謎の勾玉 白 テロとしか言いようがない味

大好きなMさんからテロ的に送られてきた縁結びのチョコ、食べたらますますテロ感が増した。チョコだと思ったら、チョコじゃねえし!なんだこれ、餅か?と思って食べたら、餡子だし、餡子かと思ったら、中にチョコが入ってますと書いてあって、何十層にも折り重なるテロ感。 とても美味しいとは言い難いが、不味いとも言い難い、テロの味。 やばいぞ….毎回意図が分からん投棄(プレゼントなど)があるが、ダサいと […]…

外国での暮らし

チョンシャンコンユエン

中山公園の駅に、彼がわざわざ出向いたのはその一回と、あとは一回だけ酔っ払って部屋に入った勢いで短いセックスをしたそのたった2回だった。 なんで1回目にわざわざそこに来たのかはあんまり覚えてないんだけど、多分長い上海暮らしで色んな景色を見てきた後に、ふらりと女が自分を追いかけてきたみたいにして住んだから、どんな場所に住んでるのかを確かめに来たのかもしれない。 もうはるか昔のことなので、とってもうる覚 […]…

オセロ

わたしはフランス人のような、おしゃべりな男が嫌いだった。 わたしはアメリカ人のような、ジョークのつまらない男が嫌いだった。 わたしはイタリア人のような、おしゃれな男が大嫌いだった。 わたしは日本人のような、チビの男が嫌いだった。 わたしは自分の顔と同じような、大きな目をした男が大嫌いだった。   人生とは不思議なものである。 ある日、わたしの嫌いを集結させたような男についに訊ねた。 &n […]…

先生

たおくんに、 泣きながら「ごめんね」って謝った。   そしたら、「待ってたら、J電話かけてくるよぉ〜」 と言った。   どうしたらあんなふうに、穏やかに、ただ信じて待つことができて、 そしてもう二度と、電話が鳴らなくても 笑顔でいられるんだろう?     わたしもたおくんみたいになりたい。    …